2019年11月14日木曜日

Outlookの送受信のタイミングを変更する

Outlookでは、新着メールを確認する間隔が30分が規定値として設定されています。

この30分を短く(長く)する方法をご紹介します。

1.Outlookを開きます。


2.上部のタブより「送受信」タブを開きます。

3.[送受信グループ]から、「送受信グループの定義」をクリックします。

4.開いた画面の中ほどにある[グループ”すべてのアカウント”の設定]から、「次の時間ごとに自動的に送受信を実行する」の時間(30分)を希望の時間に変更します。

設定方法は、以上です。

2019年4月17日水曜日

フォントの話


フォントの話です。

実は、MSゴシック、MS明朝は、RICOH(リコーインダストリアルソリューションズ)が作った書体って知ってました?

現在は、Microsoft Corporationに販売権を譲渡していますが、それぞれの相当のフォントを取り扱っています。

僕は知りませんでした笑

「MS ゴシック、MS 明朝相当のフォントについて知る」
https://industry.ricoh.com/font/ms/

2019年4月10日水曜日

WindowsとOfficeの「令和」への対応について


4月1日に発表された新元号「令和」ですが、WindowsとOfficeでの対応について、マイクロソフトよりリリースがありました。

基本的に、Windows及びOfficeの自動更新が有効になっている場合には、自動的に更新プログラムが適用されるため、特別に操作が必要になることはありません。

ただ、何らかの理由により、自動更新を止めている場合には、手動での対応が必要となります。

日本の新元号対応に向けて Windows と Office を準備する方法

連休明け、セキュリティの観点からも、PC起動後はまずは、各種Update(ウイルス対策等含む)を実施することをお勧めします。

個人のお客様においては、Microsoftが連休中もお問い合わせを受け付けております。
ゴールデンウィーク期間中における新元号に関するお問い合わせ対応について


  • サポート内容:新元号対応に関する技術的なご質問
  • サポート対応期間:4 月 30 日、5 月 1 日 および 5 月 2 日


【個人のお客様 】

  • サポート時間:10:00 – 18:00
  • 問い合わせ先:0120-54-2244

2019年4月3日水曜日

社員向けのセキュリティ教育資料のご紹介

社員へのセキュリティ教育は出来ていますか?

4月に入り、新入社員が職場に入ってくる時期です。

これからいろいろと学んでいくために様々な研修を予定されていると思いますが、
セキュリティに関する教育は含まれているでしょうか?

セキュリティに関する教育を社員に行う際の資料がリリースされています。
本資料を利用して、社員のセキュリティへの意識を向上させましょう。


IPA 情報セキュリティ・ポータルサイト

https://www.ipa.go.jp/security/kokokara/study/company.html

新入社員向けや経営者向けなど、立場によって異なる対応について、資料が豊富にあります。
また、動画も掲載されていますので、動画を流すだけでも効果あり!です。

TREND MICRO インターネットセキュリティナレッジ is702

https://www.is702.jp/news/3465/partner/80_m/

法人向けガイドブック無償提供「働く大人なら最低限知っておきたいネットセキュリティの基本」というブログの記事です。
トレンドマイクロが無償で提供しており、新入社員だけでなく、すべての社員に対して理解を深めていただくための資料として有効です。

MOTEX 「セキュリティ 7つの習慣・20の事例」

https://www.motex.co.jp/vision/enlightenment_activity/education_book/

MOTEX社が公開している情報セキュリティの為の資料です。
配布用の資料だけでなく、講師用の資料やテスト、ポスターまでが提供されています。
講師用資料のお陰で、教育の担当者は、何をポイントに話していいかが分かります。


情報セキュリティに関しての教育に悩んだら、上記サイトを使ってみてはどうでしょう?

2019年2月25日月曜日

おおいたスタートアップウーマンアワード参加

2019年2月22日(金)、第2回ビジネスプラン発表会「おおいたスタートアップウーマンアワード」にサポーター企業として参加いたしました。

起業や成長を目指す女性起業家が、夢の実現のための新たな一歩を踏みだすことができるネットワークを拡げることを目的とした今回の会、想いの溢れるすばらしいプレゼンテーションを聞くことができ、とても貴重な体験をさせていただきました。

地域で起業を支援するパートナーとして、KOJOHはこれからもITで様々なお役立ち、応援をさせていただきます。

2019年1月7日月曜日

【重要】Excel2010のアップデート不具合(2019.1.2発生)

新年あけましておめでとうございます。

新年早々Microsoftの不具合が発生しております。
対象はExcel2010のアップデートプログラムです。

アップデートファイルは、Microsoft Excel2010用の更新プログラム(KB4461627)です。
Microsoftから正式に公表されています。
URLを下記に載せます。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4461627/january-2-2019-update-for-excel-2010-kb4461627

この更新プログラムのアンインストール方法
Windows 10
  1. [スタート] を選択し、[Windows を検索] ボックスに「インストールされた更新プログラムを表示」と入力し、Enter キーを押します。     
  2. [更新プログラムの一覧で、 KB4461627を選択し、[アンインストール] を選択します。
Windows 8 および Windows 8.1
  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] を選択します。 マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、[検索] をクリックします。
  2. 「Windows Update」と入力し、[Windows Update][インストールされた更新プログラム] の順に選択します。
  3. [更新プログラムの一覧で、 KB4461627を選択し、[アンインストール] を選択します。
Windows 7
  1. [スタート] メニューを開き、「実行」と入力してから [ファイル名を指定して実行] を選択します。
  2. 「Appwiz.cpl」と入力してから、[OK] を選択します。
  3. [インストールされた更新プログラムを表示] を選択します。
  4. [更新プログラムの一覧で、 KB4461627を選択し、[アンインストール] を選択します。

2018年12月12日水曜日

【注意!!】通信障害に便乗して「ソフトバンク」をかたる迷惑メールが横行しています

2018126日に起きたソフトバンク通信障害に便乗した迷惑メールが相次いでいます。
ソフトバンクと誤認させるような差出人を名乗り、「プレスリリース」や「払い戻し」をうたう内容になっています。
ただ、現時点ではソフトバンクが通信障害にともなう補償に乗り出した事実は確認されておらず、メールに記載されているURLもソフトバンクとは全く関係ないもののようです。



この迷惑メールの送信が始まったのは128日ごろ。現時点で確認されている迷惑メールは少なくとも3種類はあります。
「プレスリリース 2018年」「通信エラーの補填について」「通信エラーに伴い払い戻し致します。」というタイトルで、本文には
「携帯電話サービスの通信障害に関する保証に関しまして」
2018126日に発生した通信障害に対する補填を行います」
「今月分の基本料金を補填させて頂く事について」
1行だけ書いてあり、さらに、そのすぐ下に「都道府県名.jp」で終わる形式のURLが書かれているじょうたいです。
差出人は、一見普通のアルファベットのように見えますが、よく見ると「Sоftbапk」「SОFTBАNK」と、キリル文字混じりの表記になっていますので注意してください。差出人のアドレスも「都道府県名.jp」で終わるもので、やはりソフトバンクとは関係ないことが分かります。


当然、メールにあるリンク先も、ソフトバンクの通信障害とは全く関係ない。「特賞配当金」なるものが当選した、とする内容のサイトで、
「利用者様でありますお客様は重要な手続きを終えていないことがわかりました」
「お客様からの返信確認が取れましたら、最短10分程で990万円をお渡しできます」
などと情報を送るように求められます。
メールのURLをうっかりクリックしてしまうと、メールが届いたアドレスが「生きている」ことを、迷惑メールの送信者に知らせてしまうことになる。さらに多くの迷惑メールが送りつけられることになるので、不用意にリンクをクリックしないよう注意が必要です。