2014年9月18日木曜日

InternetExplorerセキュリティ強化による電子入札システムJAVAエラーに関して


【重要】電子入札システム 注意事項より

マイクロソフト社のIEセキュリティ強化により、JAVAが最新VerでないPCは、電子入札システム起動画面で、JAVATM)」は、最新のものではなく更新が必要なためブロックされました。」と表示されます。

[更新][今回は実行]が表示されますが、どちらをクリックしても更新されるため、メッセージを×で閉じて頂き、IEを再起動して、信頼済みサイトの設定を行う必要があります。

もし、更新してしまった場合は、JAVAを元のVerに戻すなどの作業が必要となります。


電子入札システムヘルプデスク:0120-308-293 [対応時間9:00~17:30 (閉庁日を除く)]

大分県電子入札システム 大分県土木建築部 建設政策課 技術・情報システム班:097-506-4559

但し、今週辺りから電話が繋がりにくい状態が続いているようです。
 

◆◆JAVA更新してしまった場合の対応内容◆◆

・システム復元

JAVA更新前の状態に、システム復元を実施してください。

但し、システム復元することで、別のプログラムに不具合が生じる可能性があるため、電子入札専用PCとして電子入札システムを利用している場合などで有効です。

・最新VerJAVAをアンインストール後、再インストール

[コントロールパネル]-[プログラムと機能]から、インストールされているJAVAをアンインストールしてください。

正常にアンインストールできない場合は、同じVerJAVAを上書きインストールした後に、再度アンインストールしてください。[プログラムと機能]から、JAVAが削除された後、電子入札システム対応のJAVAを再インストールしてください。

対応されたバージョンのJAVAはご契約中の、電子入札システム利用のICカードを発行した企業様のHPからダウンロード可能です。

電子入札システム対応のJAVAをインストール後は、ご利用機関で必要な設定を行ってください。

・大分県電子入札システム


・電子入札稼動環境

国土交通省等電子入札システムで稼動確認がとれた『IEVer』と『JAVAVer』の組み合わせ表

0 件のコメント:

コメントを投稿