2016年4月11日月曜日

大分県の電力自給率が全国1位!

電力の自給率100%超の市町村が100カ所に、都道府県別でなんと大分県が1位という結果が、千葉大学と環境エネルギー政策研究所が2007年から続けている「永続地帯」の研究で明らかになった。
この研究では自治体ごとに再生可能エネルギーの供給量と食料の生産量を調べて、日常生活に欠かせないエネルギーと食料の自給率をもとに地域の永続性を評価する。

 再生可能エネルギーの太陽光・風力・小水力・地熱・バイオマスによる発電量をもとに電力の自給率を算出した結果、都道府県別で大分県が38.6%で1位、続いて秋田県、富山県.....という結果になった。(図1)

図1



大分県には大規模な地熱発電所が集まっていて、再生可能エネルギーの発電量のうち半分近くを地熱発電で供給している。
市町村別に見た電力の自給率でも大分県の九重町が圧倒的な1位だ。日本最大の地熱発電所である「八丁原発電所」をはじめ、大規模な地熱発電所が3カ所で運転中で、電力の自給率は実に2000%を超える。(図2)

図2



「大分県ってどんなところ?何があるの?」と聞かれた際、「温泉!」「とり天!」「関アジ関サバ!」に「再生可能エネルギーの自給率が全国1位です。」を加えて自慢げに紹介していきたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿