2016年7月13日水曜日

「iCloud」のパスワード4000万件分が漏洩か

Appleが提供するクラウドサービス「iCloud」のパスワード4000万件分が漏洩した可能性があると報じられました。

CSO Onlineによると、少なくとも4000万件分のiCloudアカウント情報が漏洩したそうで、これを駆使してiPhoneやiPadなどのApple端末を人質とし、身代金を要求する事態も報告されています。

報告によると、端末をロックされた場合、およそ30ドル(約3000円)から50ドル(約5000円)の身代金を要求されるとのこと。 

悪用者の手口としては、入手したiCloudのパスワードと「iPhone、iPad、Macを探す」アプリを利用し、端末を「紛失モード」にしてしまうというもの。端末の「紛失モード」が一度有効になってしまうと、端末がロックされて内部のデータにアクセスできない状態になってしまうので、アタッカーは「これを解除してほしければ金を払え」とユーザーに要求するようです。

iCloudだけに限らず、パスワードは強力なものを、定期的に変更しながらの運用をお薦めします。

0 件のコメント:

コメントを投稿