2016年8月24日水曜日

月額1750円でスポーツのライブ&オンデマンド配信サービス見放題

スポーツのライブ&オンデマンド配信サービス「DAZN」(ダ・ゾーン)が8月23日、正式にスタートした。月額1750円(税別)で国内外の幅広いスポーツコンテンツが見放題となるサービス。同日、都内で行われた記者会見には、運営会社であるPerform Investment Japanのジェームズ・ラシュトンCEOが登壇し、「スポーツコンテンツによりアクセスしやすく、手頃な値段でいつでもどこでも楽しめる。スポーツファン中心のサービスを提供する」と発表した。



配信するスポーツは幅広い。サッカーではJ1、J2、J3の全試合を2017年から配信する契約になっているほか、ドイツの「ブンデスリーガ」やイタリアの「セリエA」など世界各国のプロリーグを視聴できる。「ブンデスリーガの試合をすべてライブで見ることができるのはDAZNだけ」(ラシュトン氏)
 野球では、横浜DeNAベイスターズと広島東洋カープの全試合に加え、米国のメジャーリーグを配信。さらにバレーボールの「Vリーグ」やラグビーの「トップリーグ」、ダーツの「PDC」、モータースポーツの「F1」など、あらゆるスポーツをカバーする勢い(下表参照)。加入者は年間6000試合以上をライブストリーミング(中継)やオンデマンド(録画を好きな時間に試聴)で楽しめるほか、試合開始時間に間に合わなかった場合でも最初から視聴する機能もある(追っかけ再生)。また海外のゲームも約65%に日本語の実況解説を付加し、選手のインタビューや名シーンを集めた「ベストゴール」などの独自コンテンツなど、ファンにはたまらない仕掛けをいくつも用意した。例えばF1なら「予選や決勝のみならず、フリー走行など幅広く配信する」といったように、スポーツ好きにはたまらない配信サービスのようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿