2016年11月15日火曜日

IPA「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」を刷新、公開

2016年11月15日、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)より、中小企業に向けた情報セキュリティ対策に関してのガイドライン第2版が公開されました。


 様々なセキュリティ脅威が増えている現状では、企業の規模に限らず情報セキュリティ対策は、絶対に必要なものとなっています。しかし、実際には、どう取り組んでいけば良いのか、具体的に何をして良いのか分からない。という企業も多いと思います。

 そこで、まず情報セキュリティ対策に対しての、考え方や取り組みについて説明されている本ガイドラインを参考にしては如何でしょうか?

 第1部は経営者編として経営者が考えておくべき事項が説明されています。また、第2部は管理実践編として、システムの管理者向けにポリシーの策定から実践していく手順などを説明しています。
 それ以外にも、「情報セキュリティ5か条」や診断シート「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」「わが社の情報セキュリティポリシー」ではひな形や情報資産管理台帳のサンプルなども提供されています。

 上記のガイドラインなどを参考に社内の体制や仕組みなどをしっかり考えた上で、ただ、全ての対策を人が手動で行うとなると、現実的には難しい部分が多くあります。そこで、セキュリティ対策ソフトや資産管理、UTMなどによって、管理運用の手間を無くしつつ、強固なセキュリティもご提案いたします。

ファイルのダウンロードや詳細については、下記URLをご覧ください。


0 件のコメント:

コメントを投稿