2016年12月27日火曜日

メールはもう古い?メールやり取りの課題をチャットが解決!?

チャットと聞くと、スマートフォンで普及した‛‛LINE''をイメージする方も多いのではないでしょうか?
2016年は、この‛‛LINE''などのチャットツールをビジネスで利用している企業を、ニュース記事で見かけることがあります。


しかし、やはりビジネスでは、メールでのやり取りが多いですよね~。


メールにはないチャットの利点ってなんだろう?利用するに辺り注意すべきことは?どんな場面で活用できる?

そんな疑問に対して、少し調べてみました。


連絡手段でチャットを利用していると応えた企業によると、会社の社員同士、やり取りの多い取引先などで活用しているようです。

チャットはリアルタイムでやり取りを行えるため、情報共有やすぐに連絡を取りたい場合の時には大変便利ですね!


メールの課題といえば、見落とし、誤送信、迷惑メールなどが挙げられます。
チャットであれば、それらの一部の問題解消が見込めるメリットがあります。
しかし、つながりが深くなってお互いの同意の上で、利用へと向かうため、誰にでも利用ということにはならないですね。


ビジネスでチャットが普及すれば、企業同士でのやり取りが円滑に行え、より深い関係性を構築できるという所に魅力を感じました。


注意すべき点としては、セキュリティの観点です。
‛‛LINE''は、アカウント乗っ取りなどが問題視され、誤送信した場合で機密情報漏えいのリスクもある。そこで利用されるのが企業向けのチャットツールです。
ユーザー管理、アクセス制限、スケジュール、ファイル、タスク管理といった機能を備えるサービスもあるようです。
下記URLから、ビジネスチャットツールを一覧を確認できます。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/16/033100019/033100001/?i_cid=nbpitp_siad_try160301under&act03


ビジネスチャット一覧(URLリンク無し)


メールとチャット両方を使い分けるのが、これからの主流になるのでしょうか?
ビジネスチャットの今後に注目です。

0 件のコメント:

コメントを投稿