2016年12月19日月曜日

Evernoteプライバシーポリシーの変更の変更?

Evernoteは12月15日に「プライバシーポリシーの変更についてのお知らせ」を発表し、来年1月23日から適応するとのことでしたが、翌日にその変更を撤回しました。




今回のプライバシーポリシーの変更内容が「Evernoteに保存されたノートをEvernote社員が閲覧できる」というものでした。


この変更について「機械学習テクノロジーが正しく機能しているか目視で確認するため」としており、AIがノートを閲覧しており、その整合性を社員がノートを閲覧して確認するというものです。

これに対し、ユーザーからのクレームが殺到し、翌日に撤回するまでに至ったようです。


今年の6月に有料プランの料金変更と無料会員の端末数の制限など、ユーザーにとってはネガティブなサービス改定を行ったEvernoteですが、今回の「プライバシーポリシーの改定騒ぎ」でユーザー離れに拍車がかかったのではないでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿