2016年12月27日火曜日

Googleマップ、「車椅子対応」の表示スタート

12月15日「Googleローカルガイド」チームの発表によると、米Googleの「Googleマップ」の「場所」の説明に、「車椅子対応の入り口」という項目が追加された。とのことです。

すべての場所を網羅するわけではないようですが、日本のGoogleマップでも場所によっては表示されると思われます。

車椅子対応ということはベビーカーや杖の利用者にとっても入りやすいですし、
なにより私自身も子供をベビーカーでよく連れ歩くのでとても使えそうです。

ただ、現時点でiPhone版のGoogle Mapsアプリではこの機能は確認できませんでした。

■使い方
Googleマップのモバイルアプリで場所を表示し、概要説明テキストの右に「>」がある場合、スワイプすると表示される「○○について」のページの「ホテル設備」(英語版は「Amenities」)の1項目として「車椅子対応の入り口」が表示されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿