2016年12月16日金曜日

Windows Essentials 2012のサポートが来年1月10日にサポート終了します。

少し前のリリース情報ですが、とうとう間近に迫ってきたので、お知らせいたします。

パソコンでメールを送受信する際に使っている方も多い、Windows Live メール。
これを含む、Windows Essentials 2012のサポートが2017年1月10日に終了します!

もちろん、サポート終了したからと、使えなくなるわけではなく、普通に動作します。
が、セキュリティ更新プログラムの提供がなくなるため、セキュリティリスクが高まります。

また、プロバイダによっては、セキュリティと信頼性を改善するために、Live メールでサポートされていない新しい電子メール プロトコルに移行しているところもあり、これらのプロバイダだと、送受信できなくなる可能性もあります。

XPの入替の際に、Outlook Expressの代わりにLive メールをお使いいただく事が多かったですので、ご利用ユーザーは多いです。
直ぐに問題が起きる!という話でもありませんが、将来的にメーラーを変更していただく事をおススメいたします。

という事で、Windows Live メールを利用している方は、どのメールソフトを利用するのがいいのでしょうか?
Windows 8.1以降のOSであれば、「メール」というアプリが提供されてたりしますが、Live メールのデータを移行できないなど、あまりおススメは、、、
そこで、無難なところで、「Outlook」にするか、「Thunderbird」にするのが良いかと思います。
それ以外にも、GmailやOutlook.comでクラウド化するなども手もあります。

是非、メーラーの入替をご検討ください!
   

0 件のコメント:

コメントを投稿