2017年2月3日金曜日

Googleが検索アルゴリズムをアップデート

Googleが検索アルゴリズムを変更
 「品質の低いサイト」の検索順位を下げ、オリジナル記事を上位に!!



Googleは2月3日公式ブログにて「オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイト」をより上位に表示するアップデートを行ったと発表しました。

内容としましてGoogle検索エンジンにてランキングを決定するアルゴリズムを改良したとのことです。つまり検索にて表示される検索結果の基準が変わったとのことです。
どのように変わったかというと

①検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。

②オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

とのことです。
単純にGoogle検索エンジンの検索結果で上位に表示されればサイトの訪問数は上がります。そのため、必要以上に上位表示されるための仕組みを入れているホームページは珍しくありません。
今回のアルゴリズムの改良は、検索結果の上位表示にばかり力を入れ、コンテンツ(内容)を疎かにしたサイトは、順位が下がるとのことです。

インターネット利用者がより有益な情報を手に入れやすくなるためにも、サイトの内容を見直す必要があり、魅力的でサイト訪問者が必要だと思われるコンテンツづくりが検索結果上位への一番の近道のようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿