2017年9月28日木曜日

iOS11で搭載された新機能

9月22日に発売されたiPhone8/iPhone8 Plusですが、それに先駆けて新iOS11がリリースされました。また、iPhoneX(テン)の発売も11/3(予約開始は10/27 16:01~)と発表されております。iPhone利用者は、これを機会に買い替えを考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、iOS11に変わってどのような機能が追加されたのかを紹介したいと思います。

1.ARKitアプリの開放
拡張現実アプリが利用できるようになりました。例えば、アプリ上で現実世界に絵を描いたり、現実世界にあるものに寸法を測れたりなどできます。

2.コントロールセンターが刷新
表示できる機能が追加されたことと、自分で自由にカスタマイズできるようになりました。

3.キーボードに片手モードが登場
キーボードの絵文字アイコンを長押しすると、左寄せ・デフォルト・右寄せのアイコンが表示され、使いたいものを選択します。元に戻すときは、同様にデフォルトのキーボードを選びます。


4.カメラ機能が充実化
撮影した写真で「ビビッド」、「ドラマチック」などの新しいフィルターで美しい写真が作れるようになりました。スクリーンショット機能では、撮ると画面左下にサムネイルが表示され、タップすると線やテキストを書き込めるようになります。その他にもQRコード機能が追加されたなど。

5.Siriが進化
通訳機能が追加されました。翻訳できる言語は、英語と中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語のみとなります。また、テイスト入力のコマンドにも対応しました。

その他にもまだまだ充実した機能が追加されています。
今回参考にしたURLをご紹介します。
https://www.gizmodo.jp/2017/09/new-feature-ios11.html

0 件のコメント:

コメントを投稿