2018年3月19日月曜日

Google Chrome、すべてのHTTPサイトに「安全ではない」警告を表示へ


Googleは米国時間2月8日、2018年7月にリリースされる「Google Chrome 68」以降はすべてのHTTPサイトに対し、「安全ではない」警告を表示すると発表した。
これまでURLの左には丸の中に「i」が書かれたアイコンが表示されていたHTTPサイトは、
今後「Not Secure(安全ではない)」という警告表示が加わる。


「Google Chrome」はHTTPS接続サイトを閲覧する際にアドレスバーに“セキュア”であることを示すセキュリティアイコンを表示する。
一方、HTTPS接続サイトを閲覧する場合は“安全でも危険でもない(neutral)”ことを示す“!”アイコンのみの表示にとどめ、これまで“非セキュア”であることを特に強調してはこなかった。
しかし、HTTP接続で読み込んだWebサイトには、途中で誰かに盗聴され、内容を改ざんされる危険が常に付きまとっており、安全であるとは到底言えない。
そこで、より明確かつ正確にHTTP接続の危険性を示すため、“非セキュア”であることを強調するインジケーターが段階的に導入されることになった。

なかでもパスワードやクレジットカード情報は非常に重要なデータであるため、手始めとして「Google Chrome 56」から、それらを扱うHTTP接続サイトでは“非セキュア(Not secure)”というラベルがアドレスバーに追加される。
さらに、プライバシーが守られていることが期待されているシークレットモードでは、より明確な警告として、HTTP接続サイトでは常にアドレスバーへ“非セキュア”ラベルを表示するとともに、“!”に赤い三角形をあしらった警告アイコンを付与して警告を行うという。


世界初の技術でお掃除の常識を変える「スイトル」


カーペットにこぼしてしまったコーヒーやお茶、どうしていますか?
”ぞうきんで叩いて拭く”のが一般的ではないでしょうか。
しかし頑張って時間をかけても色が残ったり...

そんなときはスイトル【switle】です!
スイトルは水を噴射させながら吸い取ることを可能にした新しい掃除用具です。
水を入れて掃除機の先に取り付けるだけで、狙った箇所をまるで洗濯したように!
新しい掃除方法で日本中のカーペットをキレイにします。

スイトル独自の4つの技術で世界初特許技術を取得しています!!
☆液体分離技術
☆湿式吸引技術
☆汚水しみ上がり防止技術
☆転倒時逆流防止弁








スイトルには動力がありません。
すでにお持ちのキャニスター型掃除機の先に付けるだけ。
掃除機の吸引力だけを使って、”水を噴射”と”吸い取る”を同時に実現しています。
ヒミツは噴射するノズル部分とタンク上部にある逆噴射ターボファンユニットにあります。どちらもスイトルだけの特許技術です。
また、水が掃除機本体に流れていかないように、ホース部分にも安全装置が施されています。


日本メーカーのキャニスター型掃除機(スティックタイプやロボット掃除機などは不可)、ダイソン(注:キャニスター型掃除機のみ)は取り付けが可能です。
※その他海外メーカーは未対応。

スイトルは水洗いクリーナーヘッドなどではなく、立派な〝洗濯機〞なのです!
掃除機で水洗いを始めましょう!

古城でも取り扱っていますので、気になる方はお問合せください。