2018年6月1日金曜日

Twitter上に悪質な広告 指紋認証に触れるだけで継続課金に

 Twitterで指紋認証を利用した悪質な広告が話題になっています。
広告をタップして、ホームボタンに触れただけで指紋認証が行われ、5500円のアプリを購入したことになってしまった事例があるそうです。さらにアプリは継続課金になっており、放置しておくと毎週5500円が請求されるようです。
 
問題となっているアプリは「Dora-Photo Editer」というアプリとみられており、投稿者によると広告をタップするとすぐに指紋認証画面が立ち上がり、スクリーンショットを撮るためにホームボタンに触れるとすぐに課金完了になってしまったとのことです。因みにこの投稿者はTwitterで1回、Instagramで10回程度確認したそうです。

広告はアプリを使用したときに肌を白くしたり、加工を行う様子を映した動画だったそうです。すでに3万回以上RTされていますが、Instagramでも同様の手口で被害にあった方もいるようです。

引用サイト:ねとらぼ "指紋認証を悪用した悪質広告が話題に 広告タップ → 指紋認証起動 → 触ってしまうと週5500円の定期購入発生 "記事より
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1805/31/news124.html(参照 2018-06-01)